姫と騎士

姫と騎士

漫画って、読む人の立場によってそうとう感じ方が変わるんだろうなぁ、と、まぁ当たり前のことながら強く感じました。
主人公たちと同年代の人は、彼らの中の誰かと自分を重ねるでしょうし、親の世代は、彼らの親と自分を重ねるでしょう。

こどもの人生に悲しい影を落としたくない。

親としての立場で僕はそう思います。

主人公たちのその後が、幸せであって欲しいと切に願います。

(Visited 69 times, 1 visits today)

【広告】

作者:猫かりんとう

更新:完了

カテゴリー:人間ドラマ

タグ:, ,

【広告】
【広告】