「じんわりする」タグには 21タイトルの無料漫画があります。

6 NIGHT STAND

『On the way to Living Dead』の北大路みみが贈る新作。 妻を亡くしたショックを引きずり、妻の服やアクセサリーを身につけては夜な夜な出歩く(続きがあります)

カテゴリー:人間ドラマ

タグ:

娘は声優になるそうです

声優になりたい娘と、その家族、取り巻く人々が織りなす人間ドラマ。 実話が元になっているそうです。 娘だけじゃなく、家族にもいろいろな出来事が降りかかり、それを乗(続きがあります)

姫と騎士

漫画って、読む人の立場によってそうとう感じ方が変わるんだろうなぁ、と、まぁ当たり前のことながら強く感じました。 主人公たちと同年代の人は、彼らの中の誰かと自分を(続きがあります)

カテゴリー:人間ドラマ

タグ:, ,

サードヒューマン

そもそもゾンビがなぜ発生したのか。 意思を持つゾンビ(セカンドヒューマン)はなぜ発生したのか。 ゾンビが生殖行動をできるのか、出産をできるのか。 ゾンビの親を持(続きがあります)

ケシゴムライフ

あぁ、いいですね。。。 静かにじんわり染み入ってくる感じですね。。。 好きです。

ベリアルレディ

2020年、東京に隕石が落下し、謎のクリーチャーが大量発生。 クリーチャーが徘徊する日本は、危険地帯としてアメリカの保護下に置かれることに。。。 舞台はその4年(続きがあります)

マコとマコト

本当に何気ない、本当に他愛ない日常を綴っている漫画ですが、こういう何でもない毎日がとても幸せで大切なんだよなぁ。。。なんてちょっとじんわりきちゃいました。

カテゴリー:日常

タグ:,

熱中!!ファミコンBros.

懐かしの『ファミコン』を題材にした漫画。 僕などはズバリその世代なので、「あぁ〜懐かしいなぁ〜」という気持ちでちょっとじんわりしながら読みました。 当時はあの小(続きがあります)

むすメモ!

作者のつかさちずるさんと娘さん(と旦那さんや他のご家族や周囲の人々)の日々を描いたほんわか日常4コマ漫画。 出産や育児の楽しさや大変さ、こどもの不思議な生態など(続きがあります)

さめない街の喫茶店

主人公のスズメは、ある日突然眠りから目覚めることができなくなってしまう。 彼女は眠りの中で“さめない街”ルテティアに迷い込み、キャトルという喫茶店で働くことにな(続きがあります)

カシワイ作品集

心にじんわりくる詩のような短編集です。 ふわっと柔らかいタッチの画風がとてもマッチしていますね。

カテゴリー:日常

タグ:,

戦争めし

戦時中の日本の食に焦点を当てた物語。 極限の状態で「食」が人に与える希望や感動が描かれています。

カテゴリー:人間ドラマ

タグ:

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

本当は大好きなはずの、本当は大切なはずの、でもついつい邪険にしてしまったり鬱陶しく思ってしまったりする、“母親”という存在。 作者のお母さんが亡くなったときのこ(続きがあります)

親孝行できるかな?

70代前半の父と60代後半の母を持つ作者が、両親の年齢を改めて認識し、親孝行をしようと奮闘する様子を描きます。 なんだかじんわりほっこりしますね。 同じような年(続きがあります)

オネェ吸血鬼と笑わないメイド

吸血鬼のブルートは女子力が尋常じゃないいわゆる“オネエ”。 そんな彼(彼女?)の元にメイドとしてやってきたアネミアは、女子力皆無、完全なる無表情でしかも超絶鈍く(続きがあります)

お転婆娘と顔無しの男

8回目の見合いに失敗したお転婆娘の茜がやっと嫁いだ先は「顔無し」と呼ばれる男・幸若彦。 いつも狐の面を付けて外さない彼の顔は、本当に無かった。。。! 幸若彦と茜(続きがあります)

臆病の穴

人間だから、弱いから、負けたり、挫けたり、疑ったり、憎んだり、しますよね。 でも、最後の最後はやっぱり、優しくなりたいんですよ、人間てきっと。

カテゴリー:人間ドラマ

タグ:

ODD FUTURE

夢を諦めて芸人を辞めた清水は、同期の芸人に借金をしてまでアイドルにお金をつぎ込むほどのアイドルオタク。 ステージに立つより客席にいる方が自分には合っていると自分(続きがあります)

カテゴリー:人間ドラマ

タグ:

岡崎に捧ぐ

あなたはまず思うでしょう。 「岡崎誰だよ!」 でも、ちょっと待ってください。 知りたくないですか? 読んでみましょうよ。 すぐ、岡崎さんが誰なのかわかりますから(続きがあります)

カテゴリー:日常

タグ:, ,

ラーメン食いてぇ!

死を目前にした美食評論家、道を見失った老人、すべてに絶望した少女。 奇しくも「清蘭のラーメン」で繋がった3人の物語。 静かなエネルギーというか。 ぐぐぐぐっと沈(続きがあります)